評判のいいトランスオーシャンプランニングなら安心

回収できる期間を考慮

太陽光パネル

熱に強いパネル

太陽光発電システムを導入するときは、導入時のコストだけでなく、導入してからの発電量と長い目で見たコストパフォーマンスをしっかり見極めて導入するメーカーを決めなければいけません。初期コストがどんなに安くても、売電では初期コストが全く取り戻せないのでは意味がありません。初期コストがややかかったとしても、なるべく早い段階で初期コストを回収して、その後は収入となるメーカーを選ぶべきです。パナソニックは現在国内の戸建て太陽光発電システムにおいてトップシェアを占めているメーカーです。発電量を決める要素で最も重要なのは、ソーラーパネルの発電効率です。パナソニックの発電効率は全メーカーの中でもトップクラスですが、パナソニックより安価で発電効率はあまり変わらないパネルを提供しているメーカーは他にありますが、パナソニックが選ばれているのには訳があります。太陽光発電は太陽の光が強ければ強いほど発電量が多くなるため、夏場が最大の発電量となると考える人が多いですが、ソーラーパネルは熱に弱いため発電効率が下がってしまいます。パナソニックのソーラーパネルは独自の技術で熱に強く発電効率を下げずにしっかりと発電してくれます。暑い夏ほど電力需要が高まる季節なので、パナソニックの太陽光発電システムを導入すれば、省エネに繋がり、売電価格も期待できることになります。長い目で見ればパナソニックの太陽光発電システムは発電効率が非常に高いため、初期コストを早く回収できるため、コストパフォーマンスの良いメーカーということができ、選択肢の第一として考えると良いでしょう。